みちのく民俗村のブログ

収穫の喜び

9月27日、にみちのく民俗村でも、村内の田んぼと、南門横の棚田で稲刈りをしました

春の「くろ塗り」から始まり、「田起こし」「代掻き」「手植えでの田植え」「毎日の

水管理」などなど、ほぼ手作業で一年かけて育ててきました。

当日は天気も良く、途中休憩をしたり、民俗村で採れたイモなどで「コビル(小昼)」を

したりと、和やかな中での労働の一日でした。

 

当日の様子

 

  

 

 

 

 

▲上に戻る