集い・出会う イベント、催事情報

「比叡山延歴寺北嶺大行満大阿闍梨 藤波源信師と展勝地桜大路とみちのく民俗村を歩こう(終了しました)」

平成29年10月1日(日) 7時〜13時

阿闍梨と展勝地、みちのく民俗村歩く、貴重な体験

今年も 北嶺大行満大阿闍梨 藤波源信師とともに展勝地の桜大路とみちのく民俗村を歩かせていただ きました。

参加された方々との会話をしながら、急ぎすぎない歩調をふと、展勝地の自然に足を止めながら穏やかに、日々の感謝を込めながら参加した方々とご一緒に歩かせていただきました。陣ヶ丘から北上川と和賀川の合流点を「気の集まる場所」と藤波源信師に感じていただき、感謝の祈とういただきました。

少し休憩を取る際も、参加者の方々との会話や記念撮影にも応じていただき、みちのく民俗村の会場では法話をいただきました。日々の生活こそ「生きる」事であり、その中への感謝の気持ちを持ちながら生きる事で物事は明るく前向きに変わるというようなお話と感じました。

昼食を大阿闍梨様ともいただき、心が洗われるような清々しさと、日々をかえりみながら感慨深い企画と なりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

※北嶺大行満大阿闍梨とは、千日回峰行を達成した行者さまがなられます。
千日回峰行は7年間 かけますが、1年目から3年目までは1日に30キロの行程を100日間、4年目と5年目は、同じく30キロをそれぞれ200日。ここまでの700日を満じて、9日間の断食・断水・不眠・不臥の“堂入り”に入り、 不動真言を唱えつづけます。6年目は、これまでの行程に京都の赤山禅院への往復が加わり、1日約60キロの行程を100日。7年目は200日を巡ります。前半の100日間は“京都大廻り”と呼ばれ、比叡山山中 の他、赤山禅院から京都市内を巡礼し、全行程は84キロにもおよびます。 最後の100日間は、もとどおり比叡山山中30キロをめぐり満行となるものです。このように想像を絶する 修行を経て満行された行者さまを「北嶺大行満大阿闍梨」となられるのです。

●大阿闍梨と展勝地桜大路とみちのく民俗村を歩こう

開催日:平成29年10月1日(日) 7時〜13時

 集合:6:30〜 展勝地レストハウス
 出発:7:00〜 

●大阿闍梨法話 11:00〜11:30 みちのく民俗村

●昼食会 11:45〜13:00 みちのく民俗村

 解散 13:00

参加費 / 3,500円(昼食代含む) 定員 / 100名

申込先:
みちのく民俗村指定管理者 
株式会社展勝地 展勝地レストハウス
電話:0197-64-2110  FAX:0197-64-2210

主催 展勝地レストハウス・企画室
共催 北上ケーブルテレビ株式会社
後援 岩手日日新聞社・週刊きたかみ

▲上に戻る